クッションフロアのエア抜き

クッションフロアのエア(空気)抜きを行うポイント

<目次>

【PickUp!】
≫市川で評価の高いリフォーム会社の評判はチェックしました?

なぜ市川市で多くの方から信頼を得ているのか?実際にリフォームを受けた方の評判を掲載しています。

クッションフロアに空気(エア)が入ってませんか?

クッションフロアは、熟練の職人さんがきちんとした工程を経て張っております。

しかし、きちんと工程通り張ったクッションフロアでも、構造材の湿気や動きなどの影響により、クッションフロア内にエアが入ってしまう事がございます。

建物の動きにより生じてしまうので、驚く事はございません。その際は、エア抜きを行って空気を上手に取り除いていきます。

クッションフロアのエア抜き方法には様々な方法がございますが、今1番採用されているのが温めて空気を外に出す方法です。

温めてクッションフロアのエア抜きを行う流れ

クッションフロアを温めるバーナー

1.クッションフロアを温める

クッションフロアにエアが入っている部分を、バーナー等を用いて温めます。

この時、クッションフロアを溶かさないように、弱火で温める事がポイントとなります。

2.クッションフロアのエアを抜く

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

ヘラやローラー等を用いて、クッションフロアのエアを小口から出していきます。

クッションフロアを温めた事で素材が柔らかくなったので、想像以上に空気が出やすくなります。

3.エア部分を圧着する

エア部分には接着機能が残っているので、ローラーやヘラ等でエア部分を撫でて接着して定着させます。

4.温めたクッションフロアを冷ます

平らな状態で冷ます事で、その形でクッションフロアが定着するので、エアが入りにくいクッションフロアに仕上げる事が出来ます。

自分でエア抜きをする自信が無いならリフォーム会社に頼んでみよう

勘違いしてはいけないのは、エアが入った事が手抜き工事では無いという事です。

木造の場合は、建物を使い始めると木材の乾燥により湿気が発生したり、動く事が当たり前なので、床によじれ等の負荷を与えてしまう事があります。

その際に、クッションフロアにエアが入ってしまう事がございます。

張って数か月程度でしたらエアを抜く事が可能ですので、遠慮なく業者に声をかけて行ってもらいましょう。

素人さんで、エア部分に針を刺して空気を抜こうとする方が居ますが、完全に状態を平らにする事は不可能ですので、手を掛ける事は絶対に避けましょう。

もう市川で評判の会社チェックしました?

市川市で評判の良いリフォーム会社
≫市川市で評判の良いリフォーム会社リストを確認してみる