エアコン
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、「ガスルームエアコン」は2004年に生産を停止しています。

【ガスルームエアコンの修理】
また修理の期間は、生産中止から9年間となっており2013年にガスルームエアコンのサポートは終了している状況にあります。
電気式のエアコンに比べると設置台数が少なく、影響は少ないかもしれませんが今でも利用している方も少なくないと思います。

【ガスルームエアコンが無くなった理由】
そもそも生産中止になった理由としては、エアコンとしての効率面で電気に勝てなくなってきたからです。
電気と同等の能力を維持しようと思うとどうしても本体価格が高くなって、お客様に不便がかかるということが生産中止の理由になります。
ガスルームエアコンの代替え案としては、ガスファンヒーターや電気式エアコンの普及を勧めています。
機械の取り外しについては、東京電力管内の場合は「エネスタ」や「エネフィット」で受け付けているようです。
取り外しには、5,000円程度費用が発生してくるようです。
またそれ以外にも出張費や廃棄処分費など必要になってくるみたいなので、一体いくらかかるのだろうというのが本音です。
一度お近くのリフォーム店さんに相談して、電気式の通常のエアコンに交換できないか、もしくは撤去のみおこなって壁を修繕できないか、といった相談をしてみるといいかもしれませんね。
最近ではガス屋さんでも電気工事ができるようですが、総合的に工事ができるリフォーム店さんの方が、融通が利きそうですね。

ガスルームエアコンに限った話ではありませんが、消費者としては、やはり自分の家に取り付けた設備が生産中止になるということは寂しいものです。
導入する時はどれが中止になるかなど分からない物ですが、少なくとも主流商品は生産中止になかなかなりません。しかも主流商品は、流通量が多く安く購入できるのでリフォームにはぴったりかもしれません。
また製品だけでなく、メーカーも倒産してなくなるケースもありますので、大きな商品は慎重に選ぶ必要がありますね。

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

市川リフォーム情報ブログ関連記事:

【故障かも?】ガス給湯器を交換するメリットをご紹介致します

最新の給湯器の特徴や強みをご紹介させていただきます