ウッドデッキ
少しのスペースが貴方の住宅のお庭に余裕があるようでしたら、思い切ってリフォームをしてアウトドアリビングの一つであるウッドデッキを設置してみると面白いかもしれません。
中にはリフォーム経験が無くても、誰でも日曜大工感覚で組み立てることの出来る簡単なウッドデッキもありますし、リフォーム会社に依頼する大掛かりなリフォームもあります。

しかし縁側がもともと無い家というのは掃きだし窓と地面までの段差が比較的大きくなっており、庭に出るだけでも一苦労してしまいますが、ウッドデッキを室内の床レベルにまで調整して設置することにより、この不便な段差を無くすことができ、部屋と庭をスムーズに行き来することができるようになります。

【ウッドデッキのメリット】
また狭い庭の場合には、それがデッドスペースとなってしまいますが、ウッドデッキを設置することによって、庭の美しさを実現することが出来ます。
そして庭に傾斜がある時でも、ウッドデッキを設置して水平をとることにより、スペースを有効活用することが出来るというメリットがあります。

【ウッドデッキの腐蝕】
貴方のご近所や友人、知人などといったお知り合いの中で、ウッドデッキを設置して5、6年で腐ってしまい、安全性の老朽化、また見た目が劣化してしまったというケースはないでしょうか?

このようなケースについてよくよく話を聞いてみますと、ウッドデッキを早くに劣化させてしまった原因が明確になります。
そもそも一般的な木材は屋外において常に雨ざらしという環境では、早くて3年で腐食が始まってしまい、また土に接触をしていたり水抜けがあまり良くない構造の場合には、その部分から腐食が徐々に始まってきてしまいます。

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

表面のデッキに対しては定期的に防腐塗装をすることが効果的なのですが、その他にもデッキの裏、また構造材の接合部など、塗装することが物理的に無理だったり、困難な場所もあり、そんな目に見えない部分に不具合が起こってしまっています。
このような防腐を防ぐ方法として、防腐剤などの薬品を使うか、堅く水分が浸透しにくい素材を使用する必要があります。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:

土間の最新リフォーム事情

家族構成に合わせて家を変えていくという考え方