洗面所のリフォーム費用

これから洗面所を使い勝手良く変えたいけれど、どういう手段を取れば良いのか?

初めてリフォームする際はもちろん、普通の人では良い判断って中々し辛い物です。

今回はそういった、洗面所のリフォームを行う施工方法の種類と、それぞれの費用について解説させて頂きます。

洗面所のリフォームの施工方法の種類とそれぞれの費用とメリット

洗面所のリフォームは、洗面化粧台のみを取り替える施工方法と、洗面化粧台と内装全てをリフォームする場合の施工方法と、2つのパターンがあります。

▼市川市のリフォーム会社で地元で評判の高い業者リスト

洗面化粧台を取り替える場合

洗面ボウルを使って洗面スペースを作る

洗面ボウル、水栓金具などを自由に選んで壁に固定し、洗面化粧スペースを作る方法です。

洗面ボウルや水栓金具を自由に選ぶ事が出来るので、個性的な洗面スペースを作る事が出来ます。

一般的な既製品の洗面化粧台と比べ、選ぶ材料によって金額は大きく変わります。普及品の物を選ぶと、工事費を入れて10万~20万程かかります。

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

一般的な既製品の洗面化粧台に取り換える場合

既に出来上がっている洗面化粧台に取り換える場合は、幅750㎜の物で工事費を入れて15万程かかります。

既製品の洗面化粧台の方が一体型になっているので、耐久性が高く収納スペースもありますので、オススメ出来ます。

しかし、個性的になる事に関しては欠けてしまうので、個性的に洗面台を作りたい場合は、洗面ボウルや水性金具を個々に選択して作った方が良いでしょう。

洗面所の内装もリフォームする場合

洗面所の内装は、水に強い内装材を選択しなければなりません。

壁や天井に関しては水に強いビニールクロスでOKですが、床に関しては水が常に落ちる事を想定して選びましょう。

1番適している安価で効果的な材料は、クッションフロアー(CFシート)です。水を弾き浸透させないので、水廻りにとても適した材料です。

見た目を気にしてフロアーやフローリングを貼るお宅がありますが、洗面所に木製や練り物の床材料を使うのは望ましくありません。

内装を全てリフォームする場合は、床1坪の計算で7万~15万程度で作る事が多いです。 新規に施工する他に、既存のはがしや補修、処分費等も含みますので、目に見えないお金がからんでいきます。

あなたの家に合った洗面所は地域で評判の良い業者に教えて貰いましょう

洗面所は湿気が多いスペースなので、リフォームする場合は洗面台を取り替えるだけではなく、内装も一緒にリフォームをされるのがおすすめです。

こういった様に、洗面所のリフォームを行う際には、施工方法の種類が色々とございます。

素人目で判断するのではなく、お住いの地域で評判の高いリフォーム業者に一度相談してみましょう。

正しいリフォームを行えば、洗面所の空間がまるで新築したかのように綺麗に生まれ変わりますよ。

もう市川で評判の会社チェックしました?

市川市で評判の良いリフォーム会社
≫市川市で評判の良いリフォーム会社リストを確認してみる