出窓
【出窓の魅力】
一般的な窓に比べて“出窓”は高級感があり、根強い人気があります。
お部屋の空間を広く見せるだけでなく、採光性も上がってお部屋自体が明るくなります。
一条工務店などは出窓がトレードマークになっていますね。
お部屋をリフォームする時に出窓を検討している方も多いと思います。
しかし、出窓には一般的な窓と違って思わぬデメリットもあります。

【出窓のデメリット】
まずは外壁に凸部分ができるということです。
建物の1階に出窓を新設する場合は、その出窓によって通行が妨げられないかをチェックする必要があります。
お隣さんなどに迷惑がかかる場合は、出窓の設置は避けた方が良さそうです。
次は、風の強い地域では風切り音が懸念されることです。
外壁から窓だけ数十センチ出ますので、風が強い日は風切り音が気になります。
子供部屋などに可愛いと思って出窓を付けても、結局は嫌がられるケースもあるようです。
他には、結露の問題です。
断熱サッシや断熱ガラスで施工しないと、冬場は結露しやすい場所になります。
水滴を放置しておくと出窓のデッキ部分が腐食して、カビや建物本体に悪影響を与える恐れがあります。
仮に断熱仕様の出窓をしたとしても、平面の窓に比べるとずいぶんと割高になってきます。
他には、将来外壁をメンテナンスする時に出窓があることによって、手間がかかってしまいます。
その分工賃が高くなったり、施工ミスが生じやすくなることは念頭に置いておかなければなりませんね。

いかがでしょうか。
出窓はデザイン性には優れていますが、案外デメリットも多いものです。
出窓に強い憧れがある場合は別として、コストパフォーマンスとしては、いまいちなのかもしれません。
最近は窓の形やサッシも多様化されてきて、かわいらしくて使い勝手のいい物も豊富です。
そのため出窓を撤去するようなリフォームも時々行われています。
出窓に限らず、一つのポイントに意識を集中するのではなくて全体的なバランスを整える方がいいのかもしれないですね。

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

市川リフォーム情報ブログ関連記事:

家の断熱化をすると経済的にもあなたの生活のしやすさもガラッと変わります。