床のリフォーム材の選び方

床のリフォーム材質の選び方まとめ

<目次>

【PickUp!】
≫市川で評価の高いリフォーム会社の評判はチェックしました?

なぜ市川市で多くの方から信頼を得ているのか?実際にリフォームを受けた方の評判を掲載しています。

床のリフォームの建材の選び方把握していますか?

床のリフォーム時には、その部屋の用途によって床材を選びます。

子供部屋にするのか、お年寄りのお部屋にするのか、寝室に利用するのかetc…。

ひとえに床材と言っても、部屋の使い方で選ぶべき床材は変わってきます。 数ある床材の特徴と適している部屋などを、まとめてみました。

床材を用途に合わせて使うポイントまとめ!

フロア又はフローリング

フロア又はフローリングは、水を使わない場所が適しているので一般的な居室や廊下、ホール等に適しています。

天然木を使った無垢のフローリング等、自然で暖かみのあるフローリングの採用も多くなりました。

クッションフロア

塩ビ製で耐水性に富んでいるので、台所や洗面所、トイレに適しています。

足障りが良くクッション性がありますので、お子さんやお年寄りの方でも楽に歩行が出来ます。 様々柄がありますので、色んな空間に変える事ができる便利な材料です。

カーペット、タイルカーペット

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

吸音性が高い材料ですので、人が動く空間に適しています。居間や子供部屋、階段など、足音が気になる空間にオススメです。

夏には向かない床材と言われてきましたが、夏もスッキリ空気の流れが良いカーペットも多く販売されるようになり、夏でも快適に使う事が出来ます。

フロアタイル

硬くて丈夫なタイル調の床材ですので、居室や水回り、廊下やホールどんな場所でも適しています。

硬い材料ですが高級感があるので、近年住宅に採用される事が多くなった床材です。 フロアやフローリングのスペースにアクセントとして使用する等、化粧で使う場合も多くあります。

和室に使用する床材であり、本来はわら底を使って作る畳が主流になりました。

今現在は、軽く日焼けを起こさない建材畳が多く採用されており、本わら畳を使うお宅は減りました。

畳には浄化効果や消臭効果、リラックス効果がありますので、本来は家の中にあるべき便利な床材料と言えます。

部屋の使い方に合わせて床材を選ぶのがリフォーム成功のカギです

部屋の用途に合わせて床材を選ぶ

このように、色んな床材の種類があります。その部屋の用途に合わせて、適した床材料を選び採用していきます。

従来の床材を選ぶのも良いですが、リフォームの際に違う床材を選んで新しい空間を作っていくのも良いですよ。

注意してほしいのが、こういう床のリフォームを行う際にはしっかりした業者を選ぶ事です。

こういった事に注意してリフォーム店は選ぶ様にしましょう。