給湯
ガス給湯器の耐用年数は10年から15年と言われていますが、なかなか壊れないものです。
恐らくメーカー側も丈夫な物を作りすぎたと思っているのではないでしょうか。
ガス給湯器の故障というのは珍しく、実際に壊れてから交換するというケースは少ないようです。
ほとんどの場合は、お風呂やキッチンなどのリフォームに合わせて給湯器を交換します。もしくは床暖房(温水)の設置に合わせて大型のガス給湯器を設置するというリフォームも見かけます。

【ガス給湯器の故障の予兆】
ガス給湯器の故障の兆候としては、「点火しない」「お湯がでない」「お湯はりに時間がかかる」「湯の量が少なくなった」「設定温度通りお湯がでない」「使用時に給湯器本体から煙が出る」「給湯器本体から変な音が出る」等があります。
中には給湯器とは関係ない原因で不具合が起きているケースもありますので、こうした異変が起きた時は一度専門業者さんにチェックしてもらうと安心できますね。

【ガス給湯器を交換するメリット】
壊れていなくても、10年以上経っている給湯器を交換するメリットはいくつかあります。
給湯器はガスや灯油を燃料に燃焼して、お湯を作ります。10年前の熱効率と今の機械の熱効率には差があり、新しい給湯器に取り換えると年間で1万円程ガス代がお得になると言われています。
自動車も毎年のように低燃費車が発売されていますが、ガス給湯器業界においても同じことがいえます。
熱効率以外にも、新しい給湯器は操作パネルが斬新なデザインになっていますし、自動お湯はり機能などでお好みの湯量でお風呂を貯めることができます。
また中には今現在のガス給湯器では、お湯の能力が低いと感じておられる方もいらっしゃると思います。
今は24号サイズの給湯器が主流で、冬場でもお湯の蛇口2栓まで同時開栓してもストレスなく使用することができます。それでもお湯の量が足りない場合は、給湯器を増設すると解決されますね。もしくはシャワーや各水栓の水量を少なくすると勢いが増します。節水シャワーヘッドや泡沫水栓というアイテムが活躍してきますよ。

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

市川リフォーム情報ブログ関連記事:

【自動洗浄!?】最新のユニットバス事情

魔法瓶浴槽への交換が人気です!