土壁
和室に見られる塗り壁には、いくつか種類があります。
表面の仕上げ材に何を使うかで壁の種類は変わって、グレードも変わってきます。
塗り壁で一番ポピュラーな物には「土壁」があります。

【土壁の特徴】
上塗りに用いられる土の種類が、そのまま壁の個性になってきます。京壁とも言われることもあり、数寄屋建築や茶室に好んで用いられています。
土壁よりも表面がやさしい雰囲気の塗り壁に「砂壁」があります。

【砂壁の特徴】
仕上げに砂を用いており、なめらかで美しい仕上がりが特徴的です。
土壁同様に和室や茶室で用いられる他に、洋室でも利用されています。使用される砂は、異物の混入が少ない川砂が一般的に用いられます。
漆喰壁は、日本家屋の代表的な塗り壁で消石灰に砂と糊、つなぎの麻すさを加えて水で練り上げた物になります。
見た目の美しさだけに留まらず、漆喰は調湿や消臭の効果もあり、お部屋以外に蔵の壁としても長年利用されてきています。白色が基本ですが、色土や顔料を加えたタイプも施工は可能なようです。
漆喰とよく似た塗り壁に「プラスター壁」があります。

【プラスター壁の特徴】
鉱物質の粉末を水で練ったプラスター(石灰)を用いた壁で、多くは厚塗りが可能になっています。
仕上がりの白い美しさが漆喰と似ていることから「西洋の漆喰」とも呼ばれているようです。
現在は、化成のりや繊維質を混ぜた物が多く日本にも輸入されてきています。
少し珍しい塗り壁としては、「大津壁」と「聚楽壁」があります。

【大津壁の特徴】
大津壁は、高級仕上げの一つで、漆喰同様に消石灰を水で練り、色土、もみすさを加えた土壁です。
中塗り後に灰土を塗り、その上に色土と消石灰、麻すさを塗りつける手法です。
他の塗り壁に比べると手間がかかってくるために、施工費用も高額になってきます。

どうリフォームを進めるべきかネットやスマホで調べているあなたへ リフォームを行う上で最も失敗しない為に大切なのは、『不安なく仕事を任せられるリフォーム業者』に出会う事です。

≫ 市川市で『信頼されている』地域で評判のリフォーム会社とは?

【聚楽壁の特徴】
聚楽壁は、京都西陣の聚楽第跡地付近から産出される良質の本聚楽土を使う伝統的な仕上げ壁です。
京都を代表する仕上げ壁で、様々な歴史的建造物やお茶室などに使用されています。
ちなみに珪藻土は、土ではなくて珪藻の殻の化石よりなる堆積物を用いています。

市川リフォーム情報ブログ関連記事:

和室を洋室にする前にご確認下さい

古民家や旧家の魅力